2007年08月27日

ケフィアヨーグルト

 最近宣伝している、やずやの千年ケフィアって知ってますか?

 一昔前に流行った、あの 「ヨーグルトきのこ」のことです。

 ケフィアとはロシアのコーカサス地方で伝統的に食べられているヨーグルト状の食べ物で、一般のヨーグルトが1、2種類の乳酸菌が発酵するのに対し、ケフィアは複数の乳酸菌と酵母菌が共生し複合発酵をしてできるのです。 また、酵母が入っているので軽いアルコール発酵(1%未満)を伴うため、別名ミルクシャンペンともいわれます。 でもお酒じゃないよ。 ヨーグルトは45度程度で発酵させますが、ケフィアは25度程度でじっくり発酵させるので、独特の芳香をもちマイルドな味でプレーンでもおいしく食べられます。 低温抽出とか、低温殺菌みたいな感じで、とにかく手間隙かけて作るヨーグルトってところでしょうかね。

posted by キーボー at 23:38| 広島 ☀| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。